プラットフォームXに移植

プラットフォームXに移植

よ~皆さん。多くのファンの皆さんは、「PixelJunk 1-6 ってプラットフォームXに移植されますか?」と尋ねました。僕は喜んでそうなって欲しい。プラットフォームXはお気に入り!:) 簡単に潜在的に将来的に移植する方法について、僕らの会話を皆さんに聞かせたかった。

ゲームを簡単に移植するためのいくつかの人気ライブラリがあります。最近、僕らは特にSDLを考えてます。 SDLと同様のライブラリーは、OSとゲームの間に浮かんで、OS(どれでも)に依存するものをまとめてゲームを作りやすくしてくれるレイヤーです。たとえば、WindowsとMacとLinuxそれぞれの場合に音の再生方法とかウインドーの開き方で悩むより、SDLにお任せすることはできる。まだ青いエンジンを使用してる一部の開発者も、SDLは少し機能が物足りないと思い、SMFLのような豊富な機能を持っているものを使うかもしれない。SDLを実装するには、既存のコードのある部分が書き直され、明示的にそれを使用する必要があります。しかし一度それが終わると、どのプラットフォームについてもあんまり心配せず、単にSDLに任すことができます。

問題は開発が進むほど実装が難しくなる(再書き込みする必要のあるコードが増えているから)。いい点は、後にもし僕らがMacかLinuxまた他のプラットフォームに移植したかった場合、SDLを使うと4ヶ月よりわずか1ヶ月でなんとかなるかもしれません。しかし今は、僕らの唯一のプログラマはそれを実装してる間にゲーム開発は1-2週間停止することを意味します。残念ながら、僕らの現在のチームの規模では、可能な気がしません。>_< もしくは余分な時間か余分なプログラマを見つけることができれば、それは間違いなく検討します。これを果たせば、より多くの人々はPixelJunk 1-6をプレイできることになるから!