PAX 突入!

PAX 突入!

来週この時間に、PAXの皆さんと話し合ってるなんて!僕めっちゃくちゃワクワクしてるぜ~~w。>_<

目印はこの巨大な「PixelJunk」バナーの下にいるので、探し出してくれ~。「Indie Megabooth」の角のところで、Nintendoの向かいにいる。Incの2Pコープを2台起動してるので、2×2人がスープ作れる!

Inc crew

今週 = スーパー磨き週だった。PAXで皆さんがやる準備の為に、大体は安定関係のバグなどだった。そこまで驚きはない。それより、初プレイしてくれる皆さんから取れる新しいゲームデザイン関係のデータは、僕が個人的に期待してる。

そして、今週の直したおもろいバグいくつか。

  • お互いに無限お辞儀ループに捕まるロボットを直した。
  • ロボットがプレーヤーを材料のように拾って、スープ工場に入ようとするのを直した。

では、来週に!>o</

paxbot

PAXのツール

PAXのツール

後3週間でPAX。もうマジで近い。今週はちょっと時間を取って、Indie Megaboothにあるハードウェアのために少し互換性の仕事をしなきゃいけなった。逆さまには、いくつかの少し古いマシン用のサポートに向けての有利なスタートを与えた。

とにかく、ツール!PAXを見越して、今週は多くのシステムを片付けてる。まだ少し荒削りであるいくつかのアイデアを減らし、かつ楽しいものを磨いた。PAXに現れるいくつかのツール(研究すればな)をここで紹介しよう。工場でそれらを製作できる。

回転ノコギリ

buzzsaw

広いエリアか硬い石を早く掘りたい場合に、お薦め!ただ、やり過ぎ注意w。:)

ビーム剣

sward

これがあれば、一人だけでも多くのエネミーと戦える。リーチのおかげでもっと安全、小コンボやアッパーカットで大きいダメージも与えられる。

PAX会場で与える「Incのお宝グッズ」が沢山あるので、もしいたら是非声をかけに来て下さい!そのグッズの詳しくは次の週。:)

toolbot

PAXへの突入

PAXへの突入

PAXまで残り1ヶ月!!まだやる事いっぱいあるのに、本当に近い距離まで迫ってきて見える!今週はまた初ユーザーの経験と使いやすさに集中した。

今、ゲームを開始すると、ロケットが軌道から落ちてきて、クラッシュ直後に爆発することになった。これは機能的な目的を果たしてないけど、単にコントローラを手に取って直ぐにプレイしたい人のための大事な文脈を提供してる!残骸が爆発した瞬間の後に、プレイヤーはこの奇妙なエイリアン世界に捨てられた雰囲気を感じて欲しい。

もちろん、残骸を「物質」に溶かすこともできますよ。 :)

crash_spaceship

また、今週のテストとしてトランシーバを追加しました。ゲームデザインの中でトランシーバーが占めてる役割が今の所で好き。プレイヤーに通信の直接回線を持つことは情報を提供するために便利だけど、彼らがプレイしている間に邪魔したくない。トランシーバは、プレイヤーの行動に対して最小限必要な時に、画面の隅に現れる。

transceiver_icon

Indie Megabooth や PAXまで後1ヶ月!ナイス!!:D

Transceiverbot

岩が落ちる。全員死ぬ。

岩が落ちる。全員死ぬ。

今週はめっちゃ忙しくてクレイジーだった~! o.O 使いやすさとコントロールの改善の多くのことに集中したので、プレイヤーは何が起こっているか理解することが簡単になった。ここれが追加の一つだ。

サポートされていないか、またはくっついていない岩が落下して、プレイヤーを殺すんだろう。これは事実です。しかし、今までは何の警告もなくて、ただ突然全体屋根はプレイヤーの頭の上に降ってきて、そこでゲームオーバーでした~!プレイヤーには悲嘆が残される。。 *クスンクスン* そこでこのエフェクト。

fall_rocks

このひび割れエフェクトは、世界が落ちてくる前に表示されるので、少なくとも生き延びるチャンスを得ることは出来るだろう。。

rockbot

暫く席外しております

暫く席外しております

クローンの生活ってかなり良いだな~。素敵なデスクの仕事を持って、幸せにスープ請求書の管理をやったりして。しかし突然、上司から奇妙なエイリアン惑星に転勤命令が!!「スープを作れ!」”と命令込みで。僕らは最近プレーヤーと環境とのバランスを調整してる。念頭に置いてほしいのは、「ロボ社長」はスープ労働を強制(言い過ぎかもしれん。。彼は聞いてないとイイ)。

ルートの選択、生存に今より重要となっており、コントロールはそれを反映してる。ベースのための使えそうな資源が豊富で始まるスポットの検索と選択する事が実際の冒険と感じてる。操作の決断は、陥没穴を跳躍、裂け目にはしごを下に落とし、生物と戦うか、逃げるか、今生活&死の決定となっています(過去にもそのはずだったが)。

以前より操作が良くなったのに、僕らは身近な環境を歩き回るのに苦労していた。プレイヤーの反応が足りなさ過ぎたから。だからこそ、やっと助けるためにキャラクターにいくつかの新しいアニメーションを追加した!

player_animation_test

今、プレイヤーは危険な可能性が高い棚にふらふらする。まだ急いでいる場合はミスしてしまうから、気をつけて安全に洞窟探検しよう!落下ダメージのアニメーションも入った!前に落下ダメージは明らかではなかったので、ちょっと進んだら突然死んで、「ああ、落下ダメージずーと受けていたんだ~。。」と言うところだった。

最後にテストとして(テスト好き)、HPを取り戻すためにスープの材料を食べる事を許してる(食べるに数秒間かかるので、安全な場所で食べようぜ~ :D)。すべてを食べずに!輸出の部分も残してな。:)

balancebot

達成感とスープ

達成感とスープ

格好いい感じがしていいですね(またいい感じがして格好いい)!前に出来ていたものを超えて、「古い自分」に勝てるからこそ。しかし達成感は、過去の自分の知識に依存しています。対策する権利情報がなければ、あなたがどれほど最悪な人だったか決して知らないだろう!

なので、僕らは達成感を育つ、スープの生産についてまともな戦略的意思決定を行うための情報を与えるようないくつかのフィーチャーを考えてる。

領収書 – 輸出が帰ってくる時に、お金だけではなく、詳しい内容が分かる領収証も貰える。自分が何かを送ったか分かって、超便利!:D

決算報告書 – 今までの出荷履歴ごとのスープの内訳が分かる。あなたの郵送物の履歴を確認してな。

銀河ニュース – あなたのスープ生産が与える影響について惑星外からのニュースを参照して、今後の戦略のためにヒントをゲット。 “銀河のトマトスープ不足で価格が高騰してるんだって?!じゃあ、この似てる赤い生物でも使って、ボーナスコインを獲得しようぜ~!”

menu_reciept

ハイスコアやベストラップタイムは昔から自分をほめる偉大な方法だった!
Incのようなゲームも、プレイの途中でも、今までの戦略を修正するチャンスはある。
あなたがほしいスープ生産設備を手に入れるまで生産ラインのデザインを変えたり、スープの食材を入れ替えたり、試してみてぇ~!:D

recieptbot

ピタコラ草装置

ピタコラ草装置

子連れプログラマー澤さんは最近「建物メニュー」で忙しくて、今週のゲームプレイ進捗はちょっと。でも一つの成果を皆に見せたい。コンベアベルト!:D

grass machine

既に上下動を提供できるいくつかの建物があったが、ループを自動化するように水平方向に移動させる建物はなかった。このスクリーンショットはちょっと忙しいので、細かく説明するぞ~。左側のUFOキャッチャー建物は、その爪で落ちてるどんなものでも捕まえて持ち上げる。以前に紹介したチューブは、より高い層のインフラ整備で、AからBまでものを輸送する建物。その上にアタッチしてのは漏斗(アートはまだデバッグ)。落ちて入るものは自動的にくっついてる建物へ転送される。漏斗はスープ工場、デコンストラクター、加熱炉、好きな建物にくっ付ける事ができる。

そして、今週にPixelJunk Incが「PAX Prime 2013」出展することが決定しました! :)

pitabot

2画面の世界って最高~

2画面の世界って最高~

タイトルの言う通り。:) 2Pのスクリーンショットです。

splitscreen

実装してから僕らの3時連続で大変な仕事に取り組んでる写真です。

splitscreenactionz

もちろんSteamのオンライン・コープは最終の目的ですが、この一歩は大事(しかもめっちゃ楽しえぇ~~)。:D 最後に今週の2画面ハット・ロボたちをどうぞエンジョイしてね。

hatbot

研究ハート

研究ハート

よ!今週僕が研究&アップグレードシステムの設計をゲームに馴染ませたかったので、様々な構想を練った。重要な結論に達しました: 「変形する建物って、カッチョイ。」:)

今回僕たちはおそらく使用しないアイディアとそれがなぜ使用しないのかの理由を皆さんと共有したいと思った。その研究&アップグレードのアイデアの一つはこれだ:

あなたがスープを輸出することで作るお金で新しい建物の設計図や、さらなるレベルをアンロックすることができます。どの建物をあなたがレベルアップしたいか(これもお金を使用)を選択します。このアイディアは十分に単純な。それぞれの種類の建物は、(例:発電所)電源の一方向の進捗を持っていた。建物の各インスタンスには、内部に”レベル”が存在し、通貨や労働の交換によって、ハンマーみたいなもんでそれらを叩いて「レベルアップ」することができます。

building_powerup_idea

そこでここにIncだけの独特な(他のタワーデフェンス・ゲームと比べて)2つの問題が生まれた。

  • それぞれの建物をレベルアップするのに建物の周りを細かく、動き回り続けることを必要とします。純粋なタワーの防衛ゲームでは、それがあなたがする必要がある唯一の事なので問題ありませんが、Incではあなたは遠くにビルメンテナンスおよびアップグレードするために、すべての時間を割くわけにはいかない。なぜなら、、他の楽しいことで忙しいのだ。 :)
  • それは人間味だ。僕の開発したLV2発電所とあなたの開発したLV2発電所の間に違いはありません。僕なら自分のプレイスタイルをチューニングし、ベースをカスタマイズしたい!

これはおそらく、僕らが探していた研究デザインの「聖杯」ではないようだ。僕たちはまだ研究が最終的にプレイされる方法については、まだいくつかのさまざまなアイデアをテストしている。最終目標は、プレイヤーが研究&アップグレードをやってるより、その向こう側にある価値を楽しんで欲しい!:D

labot

そして、PixelJunk Inc.

そして、PixelJunk Inc.

名前を決めた。今の僕は何か勤勉な感じに宣言します。公式に「設立」を。 :)

先ず言いたいのは、僕が実際にMac&Linux版を作ることに大興奮していることだ。最初のPC版のリリースを稼働状態にし、それらはリスト上の次の目標だ。時間の問題だけだ。 :) また何とかここにSteam WorkshopのためにそのModのサポートを取得する方法を把握したい。 PixelJunk Inc.をマジにオープンしてみようぜ~。 :)

年の後半に僕らは、このようなティーザートレーラーのいくつかを作ろうかと計画しています。しかし、最初の今回に、僕らはコープの基地建物とスープの生産パイプライン管理を見せたかった。お楽しみください!と、GDCでの週の間にみんなと一緒におしゃべりを楽しみにしています。 :D